Leica Q2 でご近所スナップ①

LeicaQ2

秋らしく涼しくなってきたと喜んでいたら、ここ数日、ちょっと、ん?ん?と思う気温が続いている。今日はのんびり家事をすませて子供たちの送迎を兼ねて近所をお散歩。曇っていたのでLeica M-Aは持ち出す気になれず、Q2でちょこっと撮影したのでご紹介したい。今Q2の購入をお考えの方や、ライカへの乗り換えを絶賛ご検討中の方(大歓迎!!)のお役に立つことができれば幸いだ。

作例

LeicaQ2 F16

近所のなんてことはない塀。でもこのエメラルドグリーンがライカとの相性抜群なのだ。思わずカメラを向けてしまう。

LeicaQ2 F4

子供たちのアート。こんな発想、子供たちにしかできないと思う。夕暮れ時だったのでF4で撮影。ライカの色味はよく「その場の空気を切り取ったような発色」と評されるが、こうした何気ない一枚を眺めていると本当にそう思う。なんてことないご近所の見慣れた光景がよく写る。これがライカの楽しいところ。

LeicaQ2 F1.7

カメラを持つと、なぜか窓枠に興味が湧くのは私だけだろうか?そしてコンクリートにも。物憂げな雰囲気を表現するのが非常に上手いのがライカ。

Leica Q2 F2.8

もちろん。道端の花にもカメラを向けてしまう。Q2は一瞬でマクロモードに切り替えることができるので、道端の花を素早く記憶に残すことができる。子連れ散歩でも目を離すことなく安心して撮れる。

Leica Q2 F1.7

いつも眺めて通るモミジ。今年はいつごろ赤くなるのだろう。それにしてもQ2の解像度、葉っぱを撮るとよく分かる。

LeicaQ2 F11
LeicaQ2 F8

足早に歩きながら、ふと空を見上げたらこんな素敵な空だった。いつだってさっと撮れるQ2、便利だ。

明日も天気がもちそうだから、どこかへ行こう。

コメント

  1. Q2、とても評判良いですよね。
    camemamaさんの記事からもその良さが伝わってきます。
    特にお手軽だけじゃないところが良いですね。

    • レンズ交換がしにくい場面には最高ですね。ただ、ここまで高画質でなくとも…というご意見もちらほら…(笑)

タイトルとURLをコピーしました