【運動会を望遠レンズなしで撮影】Leica Q2 で運動会2020を撮る

LeicaQ2

先週、長男にとって幼稚園最後の運動会があった。当たり前だが子供やお友達に顔出しはNGとしているので、無難な写真を少しだけご紹介したい。

運動会に望遠レンズは必要か

子供の運動会=望遠レンズと当たり前のように思っていたが、そもそも、本当に望遠レンズは必要だろうか?実際、今年の運動会の私の装備は、お馴染みのLeica Q2 とSONYのビデオのみだった。なぜかというと、普段全く使わない望遠レンズを購入して眠らせておく意味が見出せなくなり、手持ちの望遠レンズが無かったからだ。一年に一度か二度程度しか使わないものに数万円も出すのが勿体ないと思っている。加えてマンションが狭いので極力望遠レンズは買いたくない。

正直に言うと、幼稚園の運動会でも(会場は小学校のグラウンド)、最低90mmは必要だと感じることが多かった。でも、幼稚園最後の100mリレーはグラウンドを一周するから、どの場所に立っていても単焦点でバッチリ雄姿をおさめることができた。連写したから、バトンを持って走る姿がばっちり写った。満足だ。なんといっても画質が良い。単焦点だからこそ、である。

Leica Q2 雨予報が奇跡的に晴れに
Leica Q2

ライカならではの会場の空気感。この頃は曇りだったので、やはり曇りの感じがよく写っている。

単焦点で運動会に臨むポイント

決して走る息子を追いかけるなんて高度なことはせず、自分が立っている場所で、ひたすら息子が来るのを待ち受け、置きピンやトラッキング機能でバシッとピントを合わせる。運動会はこれに尽きるのではないかと思う。

一応何点か運動会撮影のポイントをまとめるとこうなる。

  1. ①走る我が子を追いかけない(シュミレーションして置きピンが無難)
  2. ②会場全体の雰囲気をおさめるには28mmの画角で撮る
  3. ③我が子だけでなく、青空、会場の飾りや子供の靴、帽子単体の写真もあると思い出になる
  4. ④Q2は高画素だから、最終的にトリミングすればなんとかなる!

「とにかく無理はしない」に尽きます!

今年はコロナの影響で運動会の時期がまちまちなようだ。お読みいただいた方々の何らかのお役に立つことができれば幸いだ。

単焦点の撮影、オススメです!

コメント

  1. こんばんは。
    コメントありがとうございました。
    僕も時々寄らせてもらいます。
    よろしくお願いします。

    • ご訪問&コメントありがとうございます!だらだら書いておりますが、今後ともよろしお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました