FUJIFILM X100Vを買った レビューと作例

X100V

少し前の話だけれど、FUJIFILMのX100Vを買った。一言で表現すると、〝フィルムのFUJIFILMの本気〟が詰まったカメラなのかもしれない。さすがはフィルムのフジ。世界の FUJIFILM。いやいや、我が国ニッポンが誇るFUJIFILMである。フィルムシュミレーションのクラシックネガは評判通りの色味で、正直に言ってフィルムカメラを手放してもよいかもしれないとさえ思わせてくれる。おそらくFUJIFILMさんは、フィルムから完全にデジタルに移行しようとしているのだろう。その強い決意を感じる。Leica Q2 を普段使いにしているからか、とてもコンパクトで軽い。そしてこのなつかしいデザインがたまらない。一言で言うと最高。個人的なレビューとテストで撮った作例をご紹介したい。

X100Vとは

FUJIFILMのXシリーズの原点である初代X100が発売されたのが2011年。今から9年前のこと。レンズは常に23mm(35mm判換算で35mm相当)のF2を採用し、昔ながらのカメラのテイストを注入したデジタルカメラとして人気だ。ボディはそれほど小さくないのだが、その操作感と写りの良さにファンも多く、当初のコンセプトをずっと維持したまま数年おきにリニューアルしている。直近で発売されているのが、この5代目の「X100V」だ。

機能云々に関しては今さらだから他の方のレビューにお任せするとして、個人的におすすめしたい点を挙げたい。

X100Vのオススメなところ

ISO感度はダイヤルを引き上げて回すと変更できる。前モデルまでは指を離すとバネで戻ったが、今回は手動で戻す方式に。なので設定を変えながら撮りたいときに便利だ。

背面は、最近の富士フイルムのカメラで見られる傾向だが、十字キーが廃止され、スティックのみになった。使って見ると十字キーはなくて困らないし、昔ながらのカメラのようで好感が持てる。

初代X100から一貫して背面モニターは固定式だったのだが、X100Vではチルト式に。個人的には目で覗く派なので大して重要ではないのだが、それにしても、咄嗟に少しアングルを変えたいとき、子供の目線で撮りたい時などに重宝する。

スペック

X100Vのスペックを簡単にまとめるとこうだ。

イメージセンサーX-Trans CMOS 4 (約2610万画素)
画像処理エンジンX-Processor 4
レンズ焦点距離23mm(35mm判換算:35mm相当)・開放F値2
ファインダーアドバンスト・ハイブリッドビューファインダー
シャッター速度4秒〜1/4000秒(メカ)/4秒〜1/32000秒(電子)
記録メディアSDカード/SDHCカード/SDXCカード UHS-I 対応
寸法[幅]128.0mm × [高さ]74.8mm × [奥行き]53.3mm
重量約478g(バッテリー、SDカード含む)

テスト作例

X100V クラシックネガ

クラシックネガで撮りたいがために購入したので、作例は全てクラシックネガで撮ったもの。これは単なる電線と青空と下町。クラシックネガで写すと良い雰囲気になる。

X100V

まるでフィルム写真のよう…

X100V

最短10センチまで寄れるなんて、素晴らしいよX100V。息子の愛する消防車。子供たちのお気に入りのものを撮るには、懐かしい感じのクラシックネガがよく合う。

X100V f2 クラシックネガ

息子が飾ったクリスマス飾り。一年て早いですね。この一年、何個カメラを買っただろう。それは考えないことにしよう。外は夏の気温だけれど、クリスマス前の慌ただしいこの時期が大好き。開放値での撮影、柔らかくて、なかなかでは?

X100V クラシックネガ

これはカラークロームブルーの設定で青みを少し強くして撮影。この機能が最高。青空がとても綺麗に自然な感じに写る。Leicaとはまた違う良い色なのだ。これだからFUJIは最高(もともとは熱烈なFUJIFILMユーザーです)。

X100V クラシックネガ f11

この空の青…

FUJIFILMさんありがとう、と、言いたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました